通常、任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは違い自賠責保険ではカバーされない補償が可能になる必須ともいえる保険といえます。この任意の保険については自賠責保険の上乗せという役割で働きますので、自賠責保険でまかなえる支払い限度額を上回った場合に働きます。さらに自賠責保険には物的損害に関しては補償が受けられないので、そこまで補うためには任意保険に入っておくことをお勧めします。現時点で任意保険を納付済みのクルマを手放す場合は国内メーカーの自動車でも海外の車というようなことは関係なく残金が還付されます。国産自動車も同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険、通常入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険は誰でも加入する保険ではないですから、キャンセルをすることになります。それで契約解除をすれば現時点で 支払っている残存金額が返ってくることになります。自動車の売却が成立したとしてもすぐさま任意保険を解約するというのはリスキーです。当たり前ですがすぐさま契約解除してしまえばそれだけ返還されるお金は増加しますがもし自動車店が遠方にあって自ら運んで行くということになった時は任意保険なしで自動車の運転をしなければなりません。リスクを想定して、今後車の運転をしないと言い切れる時まで保険の解除の手続きはすることがないようにしなければなりません。中古車を手放して、すぐに新たな自動車を買うのであれば良いのですが、もししばらく乗らない状況が継続して任意保険の必要がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない期間がある場合、前に継続していた保険の等級が下がり、任意保険の保険料が上がることがあります。そういったような時は「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」で一定期間は中断前の等級を引き継いで加入することが可能です。それから、13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますから仮にもう売られていて「中断証明書」というものを出してもらっていないのであれば、保険会社や保険代理店にその旨を伝えてください。仮に自分が他の自動車を買って前に保有していた中古車を廃車に出すのであれば任意保険の加入は一方のみのになってしまします。任意保険の切り替えという処理になるので、運転をする予定の愛車でしたら処分の際まで注意が必要です。また、任意保険は車の種類により価格が相当変化してきますからクルマ引き取り時は任意保険の内容を見直す良いタイミングとも言えますね。