任意整理は普通負債整理とも呼んでいて、それぞれの債権を有する者に対しての返済を行うことを選ぶ借金整理の選択です。その手続きですが司法書士または弁護士の有資格者債権を有する者と債務者の中に入って、利息制限法に照らしながら適切な利息計算をしてから再度計算した借り入れた元金の利息をカットしたことにより3年ほどの期間で返済を目指す債務整理の手順です。この任意整理には各裁判所のような公的な機関が関係することがないのでそのほかの手続きと比較した場合でも、採用した場合におけるデメリットとなる点が小さく、手順が一番頭の痛い問題になりませんので、ここから選択してもらいたい手順といえます。サラ金といった法外な金利の場合、法が許す利子に加えて支払った借入金利分にあたっては借入元金に適用すると考え借入元金そのものを少なくすることもできます。つまり、サラ金に類する高額な利息を取る業者へある程度の期間返し続けている例では期待以上の金利分をカットできるような場合もありますし10年以上続けて返し続けているケースなら負債自体が償却されることもないとは言えません。債務の整理の良い点については破産宣告と違いある部分のみのお金だけを整理していくことになるので他に連帯保証人が関与している負債額を除いて検討する場合や自動車ローンの分を別として検討していく際等も申請することも良いですし築き上げてきた財産を処分してしまう義務はないので株式や戸建て住宅などの個人資産を持っているものの、手放してしまいたくない状況においても活用可能な借金整理の手順といえるでしょう。これからの返済に必要な額と実際の手取り額をかんがみてある程度返済が見通せるようなら任意での処理を進めるほうが良いですが自己破産と違って返済義務自体が消滅してしまうというわけではありませんので、元金の額がかなりあるような場合は実際問題として任意整理の手続きを進めることは難しくなると考えるのが無難でしょう。