為替への介入という言葉を聞いた事がありますか?日銀が為替介入をして新聞、雑誌、テレビ番組、グーグルの報道で見た方もいると思います。元来為替の介入とは日本の場合、財務大臣が為替の沈着を実現するために使う方策として見なされています。簡単に言うと、極端な円高や円安が起きると財務大臣の指示によって日銀が円の売り買いをして為替の相場の安定をさせることを言います。為替介入(外国為替平衡操作)とはいくつかやり方があります。1.単独介入・・・政府または日銀が東京市場において自分から市場に参入してきて介入をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談のうえそれぞれの通貨当局の資金を使ってみんなそろってないし随時為替介入(外国為替市場介入)を実行していく。3.委託介入・・・外国の通貨当局に対して介入の実施を依頼する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の通貨当局に代えて外国為替市場介入(為替介入)を実施する。このように方法です。どの種類の為替介入も一時的に、もしくは当分為替のレートにたくさんの影響を与えます。為替介入(外国為替市場介入)の額は当然面子をかけて行なうだけに桁外れです。円を基本にしてみると、普通は数銭ずつ変動している円レートが急に数円の変化をするのです。投資家の方でしたら一度くらいは経験したことがあると考えますがそれまでは見込み通り含み資産(あるいは含み損)を増やしていた持ち高をキープしていたところ、ポジションが決済となりましたと連絡が業者よりメールが届き。どれだけ儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済情報を確認したところ、自らが考えていたのとはまったく逆の内容であり目が点になってしまう話があったのです。為替介入が行なわれると起こりがちなです。この例のように為替の介入が実施されると、為替の市場の動向とまったく反対の変化をするものです。さらに変動する額の大きさは相当でかく変動するため用心が必要なのです。