自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険という保険で、略して自賠責保険とよばれるものになります。78-17-13

保険は強制保険と言われ、愛車を定期車検に出す際は、決まっている期間内に自賠責保険に加入している必要があります。78-19-13

つまりはすべての車が加入する必要がある保険なのです。78-1-13

それでは自動車が自賠責保険に入ったまま売った際にはどうなるか考えてみたいと思います。78-6-13

自賠責保険というのは車検時に更新になることが結構ありますがもし自動車損害賠償責任保険に入っているクルマを手放した時は保険料が返還されることはあまりないと思います。78-8-13

というのも、自賠責保険を一度消して保有者にシフトするのは面倒なのです。78-12-13

そのため自賠責保険の場合は、名義変更をした後にクルマと一緒に手放すのが通常です。78-18-13

その代わりの金額を商品代に足してくれるのです。78-10-13

自動車損害賠償責任保険は自動車税と違い、既に支払った金額を月々で割った金額が返ってくるわけではなく査定に足すといった方法を利用するケースが一般的なのですが、これが買取査定票に掲載されることは珍しいです。78-4-13

そのため車買取時は自動車損害賠償責任保険を考慮した額が見積額に含まれているかをチェックするようにしましょう。78-14-13

自分で納付した額がどれだけかだけでも把握しておけば、損をすることはないと思います。

自賠責保険の金額は加入していた期間次第で違ってくるので注意してください。

クルマの買取時には保険の名義変更をすることを忘れずに。

もし名義変更を忘れていたら保険会社から自分に自賠責保険の満期の知らせが来ることになります。

売却を検討中の車がより正確に判断され無駄なく売れることを応援したいと考えています。