破産手続きを考えている人で抱えている借り入れにあたってその保証人となる人が存在するときには、事前に連絡をしておくべきでしょう。美甘麗茶

さらに、強調させていただきますが、負債に保証人が存在する場合は自己破産の前段階で少し検討しておかなければなりません。アーセナル

なぜならばあなた自身が破産申告をして受理されると、その人たちがそれらの借金をみな払うことになってしまうからです。

なので、自己破産手続き前に保証人に今までの経緯や今の状態を説明して、お詫びをしなければなりません。

これらのことは保証人の立場から見ると当然のことです。

あなた自身が破産の申告をすることによって、大きな借金がふりかかってくるわけです。

以後の保証人となる人の取れる選択ルート4つになります。

一つの方法はあなたの保証人が「すべてを弁済する」というものです。

保証人となる人がその何百万円もの負債をラクに弁済できるほどの財産を持っていればこの手段を取ることが選択できるでしょう。

そういう場合はむしろ、自分で自己破産せず保証人自身に立て替えてもらって、今後は保証人自身に月々一定額を返していくということもできると思います。

保証人があなたと親しい関係にあるのなら、いくらか返金期間を考慮してもらうこともできないこともないかもしれません。

いっぽうでいっしょに返金が不可能な場合でも業者側も相談により分割に応じるかもしれません。

あなたの保証人にも破産手続き実行されてしまうと債権がすべて戻らないことになるからです。

保証人がもし債務者のお金を代わりに負う財力がない場合は、債務者とまた同様にある中から借金を整理することを選ばなければなりません。

続いては「任意整理をする」処理です。

この方法の場合相手方と話し合いを持つことにより5年以内くらいの期間内で弁済する感じになります。

実際に弁護士に依頼する際の経費は債権1件につき約4万円。

7社からの借金があったなら28万いります。

むろん貸方との交渉を自分でやることもできますがこの面での知識のない人の場合相手が自分たちに有利な提案を勧めてくるので慎重である必要があります。

いずれにしても、任意整理を行う場合も保証人となる人に借り入れを負ってもらうことを意味するわけですから、ちょっとずつでもその保証人に支払っていく義務があります。

次の3つめはあなたの保証人も借金した人と同様「破産する」という方法です。

保証人である人もあなたと同じように自己破産を申し立てれば、保証人の負債もチャラになります。

ただ、保証人がもし株式などを持っている場合は所有する個人資産を没収されてしまいますし資格制限のある職についているのであるならば影響が出てしまいます。

そういった場合は、次の個人再生を利用できます。

一番最後の4つめの方法としては「個人再生を利用する」方法があります。

不動産を処分せずに整理をする場合や破産申し立てでは資格制限に触れる仕事についている方に有効なのが個人再生制度です。

この方法の場合、自宅は残りますし、破産のような職種にかかる制限資格制限等が何もかかりません。