外国為替証拠金取引で投資する良いところは、単独の商品でありながら、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からどれを選定するのかで、資金を費やすやり方が全然変わってくるところにあるのです。当日・即日の浮気調査

第一には外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」に関して見てみよう。

長期のスタンスというのは一年以上の投資期間が前提とされているのです。

まず為替のレートで、一年も経った後の為替相場が円高になっているだろうか、円安かを推測するなんてことは一般的に苦難だと思います。

ほとんどのケースでは、「そこまで先の将来のことはわからない」と考えるのが現実なのです。

予言もできないものを頭を使って推測しようと努力してもそんなことは無意味なものです。

そのため外国貨幣を買い、その時点でのレートよりも円高だとしても近いうちに元に戻るはずだというポジティブな感覚で取引に取り組むのが良いでしょう。

利益を一生懸命に追いかけることに限らず、他からの差益、つまりはスワップ金利を稼ぐことを第一の目的ということでやりましょう。

当たり前ですが短期で為替変動の為のマイナスが非常に大きくなってしまうことがあります。

そのため、そのような差損でもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに売り買いすることは必要です。

外国為替証拠金取引(FX)は、為替差損が一定金額以上増えてしまうと、追加保証金(追い証)が必要になったりロスカットになってしまったりします。

損切りをしたらその時点でやり取りを決済する必要があり、長期トレードはダメになります。

この例のような危険を回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでやり取りするのが安心です。

2番目に中期のケースのやり取りを見てみましょう。

中期スタンスのケースは長くても2ヶ月程度先々を想定しての取引なのです。

為替の売買の時、約1ヶ月先のことはある程度、推測可能でしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような国際的な会議の話題、マーケット参加者がどのような内容に関心があるかを見てみればいくらか先読みできると思います。

こんな経済情勢を見ながらもチャートをチェックすることによって、為替相場の状況をわかるようになり取引を見極める方がいいと思います。

基本的にファンダメンタルズとテクニカルの両面で良い状態でありもしくは買い傾向が同様の時は、その様に動いていくと思って問題ありません。

そこで保有高を増やしておく事で一層高い儲けをもらえるのです。

3つ目に短期スタンスのコツ。

この短期トレードが指しているのはつまりはデイトレーディングを意味しています。

為替市場でデイトレードをするにあたり経済の状態はいっさい関係ないと言い切れます。

それはあくる日の為替レートの動向に、経済の状態は関係がないからです。

ここで重要ポイントは大きな出来事があると、それにより為替の相場が大幅に変化する一瞬を見逃さないよう取引することです。

例を挙げると、米国で雇用の統計が公開されるそれとも金利政策などにより金利が動くという行事。

このように大事な機会に変移を捉えるとのわけで、短期スタンスでは専門的な要素が必須となる。